« 脳内物質であるドーパミン | トップページ | 受け手に過失があって »

2012年12月 5日 (水)

不妊症と確信したら

不妊症と確信したら毎朝体温を測るようにして、専門の医師に診てもらいながら治療に取り組むことが一番です。
初めての診察時に毎日つけていた基礎体温を手渡せば、排卵がきちんとしたサイクルであるのかないのか判別できるので、手間を取らずに治療に入れます。
不妊症の検査をする場合、その内容は様々で、原因などに従い変わってくるため、二度目の通院が必須と言えます。
第一に初回はカウンセリングを受けて、生理中でなければ内診を行います。

« 脳内物質であるドーパミン | トップページ | 受け手に過失があって »

心と体」カテゴリの記事