« 美肌を保持していくためには | トップページ | 不妊症と確信したら »

2012年12月 2日 (日)

脳内物質であるドーパミン

成分というのは脳内物質であるドーパミンであるということが言われています。
ドーパミンというのは他に「快楽ホルモン」とも言われており、悦楽や多幸感に浸らせてくれる物質なのです。
日常生活の中の食欲や性欲などの欲求が満たされたときなどにも分泌されている物質です。
ドーパミンという成分は普段から放出される脳内物質のため、普通だったら何の問題もありません。
ところが買い物依存症になると、脳が多幸感に浸る方法として物を買うという記憶から抜け出せない状態にあるので、自分ではやめられないのです。

« 美肌を保持していくためには | トップページ | 不妊症と確信したら »

心と体」カテゴリの記事